慰謝料に関する情報なら

慰謝料どっとこむ

慰謝料とは、不法行為によって精神的な苦痛を受けた場合に、苦痛を和らげて回復する為に支払われるお金です。慰謝料が支払われる場面は、離婚の際や、交通事故の際、また傷害事件や、名誉棄損、医療ミスなど様々な不法行為に対して、支払われることになります。その為、慰謝料は一律や、一定金額でなく、不法行為のあった状況や、その当事者の立場などが考慮されて支払われます。

もしも、離婚を行う場合は、慰謝料は、配偶者にだけ請求されるのではなく、相手が結婚している事を知っていても不倫をしていた相手に対して請求することも出来ます。また、義理の親族との不仲が原因の場合は、配偶者の親族に対して慰謝料を請求できます。

ただし、慰謝料は、不法行為によって精神的苦痛を受けた場合に、被害者が請求できるものであり、不法行為がない場合は、どんなに精神的苦痛を受けても、慰謝料を請求する権利はありません。 つまり、離婚の場合は、必ず慰謝料を請求できる訳ではないのです。

ただ、加害者と被害者の立場が明確にわかっている場合には、慰謝料を請求する事はできます。その為、交通事故の場合は、示談で解決するにしても、必ず慰謝料が支払われます。 慰謝料の基準は、きまっていませんが、ある程度の相場は決まっているので、自分がむちな為に、大きく損することのないようにしましょう。

慰謝料の金額は当事者の状況によって、大きく変化し、全く同じ状況はありませんが、最低限支払われるべき金額は、請求するようにしましょう。その為、法律の専門家である弁護士や司法書士を雇って、代理人として交渉して貰うこともできます。

精神的苦痛は、お金で解決できるものではありませんが、慰謝料を貰う事で、精神的苦痛による生活の変化を補う事が、多少出来ます。 精神的苦痛だけ受けて、慰謝料も貰えず、被害ばかりが出ないようにしましょう。

慰謝料の基礎知識

交通事故の慰謝料

男女間の慰謝料

離婚における慰謝料

その他の慰謝料

Copyright (C) 慰謝料どっとこむ All Rights Reserved